iDeCoは自分で拠出して自分で運用する年金制度!!節税効果抜群の年金制度!!

iDeCoは自分で拠出して自分で運用

国民年金などの公的年金や生命保険会社の個人年金は、加入者がお金を拠出します。拠出をした額のみがもらえるわけではなく、それよりも多くの年金がもらえるようになっています。これは国民年金や個人年金を運営している期間が一定の運用をしているからです。iDeCoはまず自分で拠出する部分は他の年金制度と同じです。異なるのは将来の年金を自分で運用する部分でしょう。事業を運営する機関がありますが、こちらはあくまでも仕組みを用意するだけで、利用者の資産を増やそうとはしてくれません。運用によって将来の年金が変化するため、ほとんど拠出額と同じ金額ぐらいしか年金をもらえない人もいますし、大きく増やす人もいれば拠出額よりも減らしてします人もいます。

iDeCoは節税をするための仕組み

iDeCoは個人型確定拠出年金と言われていて、自分で拠出をして自分で将来受ける年金の資産を運用します。上手く運用すれば増やせますが、運用方法を失敗すると減らしてしまう可能性があります。その他利用するにあたって手数料などもかかるので、一般的な年金制度のようにただ拠出をしていればいいわけではありません。ただ仕組みとして非常に有利になる点があるので知っておくと良いでしょう。それは所得税の節税になる点です。拠出した額の全額が所得控除になるため、毎年支払うべき所得税を利用しないときよりも減らせる可能性があります。所得が無くて所得税がかからない人であったり、他の所得控除で所得がゼロになってしまう人は節税効果は得られにくくなります。

自分で作る、自分の為の年金、それが個人型確定拠出年金iDeCO(イデコ)です。加入者が毎月一定額を積み立てて、予め用意された安定性のある定期預金や保険や投資信託等で、自ら運用して増やす年金です。